2013年08月09日

自治労共済の保険を確認すれば、市役所職員は生命保険の賢い見直しが出来る!

市役所職員の方が生命保険を上手に見直しするコツは、自治労の団体生命共済と長期共済の資料を揃えたうえで、民間の保険と比較することです。

そうすると、保険料を節約することが出来ますよ^^

たとえば、ご主人が市役所に勤務していらっしゃる専業主婦の方から、こんなご相談を頂きました。

先日、子供が生まれたので主人の新規保険加入を考えています。

主人は市役所勤務の公務員です。

私は独身の頃からソニー生命の終身保険に入ってますので、主人もソニー生命にしようと決めていました。

ところが、友人から、他の保険会社とも比較したほうがよいと言われ悩んでいます。

ただ、主人が市職員なので、自治労共済の団体生命共済や長期共済で足らないぶんを民間でと思っています。

今のところ、自治労共済すら全然入っていない状態です。

ソニー生命のライフプランナーの方は資料を手に入れて不足分を提案してくれると言っています。

例えば複数の保険会社を比較して選べる、保険の窓口などで相談して同じように不足分を提案していただけるのでしょうか?

2年後にはマンションも買いたいと思っているので、保険にあまりお金をかけたくありません。

参考に意見を聞かせていただけないでしょうか?


ご友人のアドバイスは正しいです^^

ソニー生命のライフプランナーさんは他の保険会社の営業より提案能力はあります。

しかし、商品力はそれほどありません。

同じ保障内容で選ぶなら他の保険会社の商品のほうが安いケースがほとんどです。

なので、保険の窓口で複数の保険会社を比較するのは、良い方法だと思います。

ただ、多くの無料相談ショップの提案は、我々プロのFPから見ると、高すぎるものが多いです。

なので、きちんとプロのファイナンシャルプランナーが提案してくれる、こういうところで相談すると良いですよ^^





posted by 自治労共済 at 14:39| Comment(0) | 自治労 団体生命共済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。